クラブ ラウンジ キャバクラの違いが未だに全く分からない ホストクラブとボーイズバーはOK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3連単回収率314%を達成!★競馬で3億稼ぐプロ馬券師が教える【万馬券を簡単に的中させ儲ける方法】

万馬券が簡単に的中!回収率300%を超えた競馬予想必勝マニュアル


いきなりですが上の画像(IPAT馬券道場 照会メインメニュー)はJRAが主催する馬券的中コンテスト

「IPAT馬券道場2006」の成績です。

全国2位の成績を獲得したとき景品として馬言葉Tシャツが当選しました(笑)

 1月28日~2月19日には回収率353%を達成し、全国13,376人中2位

 9月3日終了現在4開催連続回収率100%越えを継続中!段位は初段から一気に5段へ

 トータルで回収率100%超えを実現


私は今まで馬券で負けていました。でもある方法に出会って勝てるようになったのです!

なぜ、毎年競馬で負けていた私が突然勝てるようになったのでしょうか?

実は、ある方法を使って馬券投票を行った結果です。

そのある方法とは・・・

この馬券道場は3億円馬券師が予想配信を提供しているネットでウマーという
競馬有料予想配信サービスを基に馬券を購入したものです。




馬券で儲けるには?

その前に3億円馬券師って?

「3億円」?馬券で3億円も稼いだのか?

いえ、違います。彼は

「生涯トータルで最低でも馬券だけで3億円は稼げる。」と豪語している。

――では、いったい彼は馬券だけでいくら稼いでいるのか?

インターネット投票「I-PAT」のサービスが始まって以来、数年で数千万円を稼いでいると言う。

年収にして最低1000万円を稼ぎたいらしい。

馬券だけで年収1000万円。あるいは月収100万円というのは馬券ファンなら誰もが夢見る数字である。

そんな「3億円馬券師」であるが、実は90年代までは馬券で負けていたという。

当時、「なんとか馬券で生計を立てられるようにはならないか」とずっと考えていたという。

自分の「予想」では儲からないと諦め、投資系にも挑戦した。

馬○の方程式やモンテカルロの理論を知ったときは、まさに目からウロコだったという。

しかし、それは机上の理論であった。

無知だった彼は、いわゆる「資金の追い上げ失敗」によって大金を失ってしまう。

投資系の馬券術に興味がある方は、「ウンウン」とうなずくであろう。確かに理論上では必ず儲かってしまうからだ。

資金を追い上げる方法(つまり、馬券が外れるたびに資金を増やしていく)で生活できるぐらい稼ぐのは無理だと結論付けた。

そこで彼はなんとか定額買いで回収率100%を超える(つまりは儲かる)方法はないかといろいろ試行錯誤した。

そんなある日「気づき」があった。

日本の競馬は馬券の売り上げの約25%が主催者側の取り分として控除され、残り75%が払い戻しされている。

平均すると100円買うと75円戻ってくる計算である。

回収率でいうと75%である。

多くの競馬ファンの馬券回収率が75%前後になるのはこの為である。

「だからみんな回収率は75%前後になって競馬は必ず負けるようになっているんだ!」

「馬券で儲かるわけがない。必ず負けるんだ。」

という声が聞こえそうですが、実は、それは間違っています!


必ず負けるのは本命狙いを繰り返す人と無謀な大穴狙いをする人です。

特に、本命狙いの人は確実に負けます。

「激戦した堅いレースだけを購入すれば・・・」

と思う人もいるかもしれませんが、1000レース、10000レースと数を増やしていくと必ず負けます。

本命馬は多くの人が馬券を買うわけですから、オッズが低下し、儲かるわけがありません。

しかし穴馬の中には、狙い続ければ確実に回収率が100%以上になる馬が存在することが分かったのだ。

確実に回収率が100%を超えるゾーンがあるということに気づいたのだ。

それは、ずばり単勝だと10倍以上のオッズの穴馬、「印」で言うと無印か薄い印しかついていない穴馬。

3連複や馬単なら万馬券、オッズでいう100倍以上に回収率が100%を超えるゾーンがあるという。

彼が儲かり始めたのも「3連複」と「馬単」が導入されてからだという。

なんと彼は「3連複」と「馬単」が導入されて万馬券を年間100本以上的中させているから凄い。

万馬券を当てないと年間トータルでプラス回収に持っていくのは難しいという。

彼は言う「競馬は儲からないのなら馬券は買わない。」

逆に言えば「馬券は儲かるから買う。」ということである。

続きの内容はコチラ

↑↑↑一読の価値は十分にあるかと思います↑↑↑
スポンサーサイト
  1. 2007/01/20(土) 10:44:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fghfguuurtc.blog85.fc2.com/tb.php/189-91b9e415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。